企業情報詳細

株式会社コミュニティ新聞社

株式会社コミュニティ新聞社

会社概要

コミュニティ新聞社は昭和56年、酒田大火の復興に行き詰まっていた酒田市の諸問題を市民に伝えることで、現状を打破し、「郷土の未来をつくる」という理念のもと創立しました。当社は活気あふれる港町酒田に本社を、名門酒井家の城下町鶴岡に支社を置き、週刊無料紙「コミュニティしんぶん」、タウン情報誌「月刊 庄内小僧」を発行しています。

将来のビジョン

地域新聞、タウン情報誌及びウェブサイトの運営などあらゆる場面において、庄内地方全体の情報発信のコアとなることを目指しています。

企業の強み

「コミュニティしんぶん」は酒田市・鶴岡市を中心に庄内地方で約83,500部を無料配布しており、強い訴求力があります。「月刊 庄内小僧」も庄内地方で最大規模の発行部数で、地域密着の情報を発信して好評を得ています。

業種情報通信業
事業内容

1.地域新聞「コミュニティしんぶん」の発行(週刊)

2.タウン情報誌「月刊 庄内小僧」の発刊(月刊)

3.インターネットグルメサイト「庄内グルメ小僧」の運営

資本金2,600万円
設立日昭和56年12月
代表者代表取締役社長 齋藤 仁
所在地山形県酒田市二番町9-14
電話番号0234-24-8081
URLhttps://www.komi-shin.com
従業員数37名
会社(人事担当)から一言

新聞社は業種柄、様々な方と出会う仕事です。特に中小企業の多い庄内では、仕事を通じて会社の社長や役所の部長など自分よりも上の役職の方と接する機会がたくさんあるので、自然と見聞が広がります。そのため、他業種より幅広い知識を得ることができ、自己成長できます。

社風自由な社風で、新入社員の企画案であっても良いものは担当部署において採用、実行されます。